バイトとして働く医師には目的がそれぞれあります


診療科目を増やすため

常勤医師として勤務している医師には、開業医を目指して頑張っている人も珍しくありません。町医者として収益を挙げるためには単科よりも複数の診療科目を掲げて診療を行った方が、経営が安定することは明らかです。常勤医としては1つの診療科目の専門医として勤務するので、バイト医師として勤務しなければ他の診療科目の医療技術を維持することが難しい状況です。勤務しながら最新の医療技術を習得出来る点も人気の1つと言えるでしょう。

開業資金を効率良く貯める

常勤医師の給与は高給で安定していますが、課税される金額が多いので手取り額は思ったほど多くないという医師も多いです。医師向けの求人を見ると、非常勤医師やスポット医師の報酬額が常勤医を遥かに上回っているので、常勤医としての勤務日数を週4日程度に制限してバイトを入れる医師もいます。週2日程度バイトをするだけで週3日常勤医で働いた程度の報酬が得られれば、本業の常勤医の報酬と合わせて開業資金を貯める際に効率が上がると考えられますよね。

社会貢献と考えているなら素晴らしい

バイトの医師として働く人の中には、スポット医師専門で勤務しているケースもあります。常勤医として働いている際に感じているやり甲斐を見つけている場合もありますが、緊急性が高いスポット求人にのみ対応している医師は、社会貢献としての意味合いを重視する傾向にあるでしょう。困っている人がいるからそこで働くという精神が保てる医師なら、常勤医の激務にも耐えられる強い志を持っていると感心出来ますよね。夜勤に駆け込んだ病院の医師がスポットバイトの医師かもしれません。

医師のバイトとして最も稼ぐことが出来るのは夜専門の当直医です。夜は人手が足りないため、医師をより必要としていると言えます。